キャッシュバッカーになって分かった!換金目的の女性が少ない理由

出会い系サイトにはキャッシュバッカーがいると良く言われていますが、本当にいるのは不安になる人もいますよね。

出会い系サイトのキャッシュバッカーだった私から言わせてもらえば、キャッシュバッカーはいるけど数は少ないです。

また、キャッシュバッカーはほとんどが初心者です。なずなら、キャッシュバック条件があまりにも悪いからです。

出会い系サイトのキャッシュバック条件

キャッシュバック条件は各サイトによって変わります。

メール一往復でPCMAXだと1.5円、YYCだと1.8円、ワクワクメールが3円、ハッピーメールが4円などです。

他にも男性と電話するなどのアクションでキャッシュバックできます。

どうでしょうか?メール一往復でこの金額です。

往復という事は、男性がメールを返信しなければいけません。

お小遣いを稼ぎたいとなっても、1日に稼げる金額はたかが知れてますよね。たくさんの男性と連日やり取りしなければいけません。

しかも、キャッシュバックは現金が貯まるのではなくサイト内のポイントやマイルなどで貯まります。

ある程度のポイントが貯まったら現金に換金できますが、サイトによっては現金ではなく商品や電子マネーにしか換金できない場合もあるのです。

さらに、キャッシュバッカーだと思われると換金はできません。

つまり、出会い系サイトのキャッシュバッカーはお小遣いを稼ぐのも大変で、稼ごうと思ってもすぐに辞めてしまう人が多いのが分かります。

キャッシュバッカー初心者なら見抜くのは簡単

キャッシュバック条件が厳しく、続けるのが難しいのならば、現役キャッシュバッカーはほとんどキャッシュバッカー初心者だと考えられますよね。

つまり、そのテクニックは単純で見抜くのは簡単です。

多くのキャッシュバッカーはより還元率が高い電話で話をしようとしますし、メールが途絶えないように当たり障りない会話を続けようとします。

また、リアルアポを取ろうとすると話をはぐらかすなどもあります。

なんか会う気がないな、やけに積極的に会話を続けるなどの違和感があれば、キャッシュバッカーだと疑うようにしましょう。

まとめ

キャッシュバッカーだった私は、あまりの還元率の低さに出会い系サイトで稼ぐのはすぐに辞めました。

私みたいな人なんてたくさんいるはずですよね。

つまり、キャッシュバッカーはいるけどあきらかに怪しい女性に気を付ければ良いだけなのです。キャッシュバッカーに怯えなくても大丈夫ですよ。